弓削メディカルクリニック
予防接種コーナー
きっとよくなる館ができるまで
短期研修医募集


居宅介護支援
ケアマネジャー(介護支援専門員)とは
 ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、2000年4月に施行された「介護保険法」に基づく資格です。 ケアマネジャーは介護の知識を幅広く持った専門家で、介護サービスの利用にあたって、次のような役割を担っています。 ケアマネジャーの資格は五年ごとの更新制です。

  • 介護を必要とする人やご家族の相談に応じたり、アドバイスをします。
  • ご利用者の希望に沿ったケアプランを作成します。
  • サービス事業者への連絡や手配などをします。
  • 施設入所を希望する人に適切な施設を選びます

ケアプラン(居宅介護サービス計画)とは
 ケアプランを作成するにあたって、ケアマネジャーは介護を必要とする方の心身の状況・生活環境・ ご利用者とご家族の希望や意向などをお伺いします。その上で、その人らしい生活が送れるように目標を決めて、 必要なサービスの種類と内容・頻度・事業者などを一緒に考え定めたものをケアプランと言います。 計画書にはサービスの週間予定表も含まれます。

要介護(要支援)認定の申請から介護サービスの利用までの流れを確認しておきましょう。

相談から介護サービス利用までの流れ
1.申請
まずは要介護(要支援)認定の申請を市町村窓口にて行います。
2.主治医意見書と訪問調査
申請後、市町村の調査員が申請者(以下ご利用者という)を訪問し、ご利用者とご家族に聞き取り調査を行います。同時に主治医に意見書を依頼します。
3.認定審査会による判定
主治医意見書と訪問調査の結果をもとに、要介護認定審査会が開催され、要介護度を判定します。  
4.居宅介護支援事業者の選定
利用者が居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)を選びます。その結果、ケアプランを作成するケアマネジャー(介護支援専門員)が決まります。
5.状態の把握
ケアマネジャーがご利用者・ご家族と訪問・面談し、抱えている問題や解決すべき課題、希望・意向などを確認します。
6.ケアプラン(原案)の作成
 ご利用者・ご家族の状態、希望・意向、利用料などを踏まえ最適なケアプラン(原案)を作成します。
7.サービス担当者会議
ケアマネジャーは、ケアプラン(原案)に従って、ご利用者・ご家族・主治医・各種サービス担当者等と話し合いを持ち、サービス提供内容などについて詳しい相談・検討を行います。
8.ケアプランの作成
サービス担当者会議の結果をふまえ、ケアマネジャーはサービスの種類・利用頻度などを盛り込んだケアプランを作成し、利用者・家族の同意を得ます。
9.介護サービス事業者との契約
利用者・家族と各サービス事業者との間で契約を交わしていただきます。
10.介護サービスの利用開始
2.サービスの提供時間
月曜日~金曜日 08:30~17:00
土曜日 08:30~12:00
※だたし、日曜日・祝祭日・お盆・年末年始を除く。
連絡先
TEL:0748-57-0584  FAX:0748-57-1147